'."\n";?> ダイエット!〜減量へのチカラ〜 正しいダイエット情報を知って、辛くない楽しさのあるダイエットへ!

ダイエット!〜減量へのチカラ〜 正しいダイエット情報を知って、辛くない楽しさのあるダイエットへ!

ダイエット!減量のチカラ。ダイエットについて色々お教えします!

そのダイエット、本当に効果がありますか?

ダイエット!〜減量へのチカラ〜 TOP  >  あばうとダイエット!

「ダイエット」の用語について

英語でいうダイエット、つまりdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味です。特にdiet control(ダイエットコントロール)、diet therapy(ダイエットセラピー)の略語として、食餌療法のための「規定食」を指巣言葉となっています。従って、ダイエットという言葉の元の意味からすれば「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧の治療の一つとしてダイエットをする」というように言葉を使用するのが、本来は正しい「ダイエット」の語句の意味であると考えられています。つまり、ダイエットとは、元々医療用語であったというわけです。

そのようなことから日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていた歴史があったのですが、私たちの間でよく使われる「ダイエット」という語には、この語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また、「痩せる」という本来の「ダイエット」という意味とはかけ離れてしまい、その部分のみに注目されて変質した「ダイエット・イコール・減量・摂生」という意味で誤用されおり、元々のダイエットの意味とは乖離した和製英語と化している傾向にあります。 実際食べなければ痩せますが消して健康的ではありません。太った理由が必ずあります。例えば便秘気味なのであれば適度な運動と食物繊維の摂取方法を考えるなど便秘改善をすることでダイエットや美容に効果が現れるのです。

ダイエットの一例

食事の総カロリーを制限する方法として、次に挙げる方法があります。

・摂取カロリーを減少させる

生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、またそれに伴う関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげることなどを目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定するダイエットの方法があります。「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を保つことにより、体重が減少することを期待して行います。

・摂取カロリーを増加させる

相撲などのスポーツ選手や、虚弱体質の改善など、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定します。「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を保つことにより、体重の増加することを期待して行うダイエット法です

また、 食事内容を制限するダイエットの方法としては、次のようなものがあります。

・(相対的に)過大な要素を減らす

高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合も)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行います。なお、糖尿病の場合は、前述した「総カロリーの制限」も併用します。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがあるようです。

・(相対的に)過小な要素を増やす

低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボ・パーティー)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取などがあります。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこともあります。このダイエット法は手軽なために流行しているのですが、本来は日常の食事で補うべきものであります。

・薬剤の禁忌によるもの
疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがあります(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。 同種の栄養素の異なる形態のものを使う ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を下降させ、血糖値の急激な変動がおこる。この極端な変動は、肥満に結びつきやすいという指摘があり、また心理面に影響し、いわゆる「キレやすい」状態をひきおこすという説を唱える者もいます。米などの炭水化物で糖質を摂取したほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移するようです。

・炭水化物の摂取を制限する

時間的な制限を行うことが基本となります(例、夕方以降は摂取しない)
現在の食事習慣では、身体的に朝、昼に摂った炭水化物で十分であることが多く、運動量が収束に向かう夕方以降の炭水化物摂取は消費されにくいため、糖尿病や肥満の防止につながるという考えに基づいています。
痩せるためのダイエットとしてみた場合においても、食費の削減にもなりますし、一番手軽に始められるダイエット法ではないでしょうか。

・食事の中の割合を減らす。

炭水化物は消化が良いため血糖値の上昇が早く、それに伴い多く発生するインスリンが体脂肪の生成を促進させるため肥満につながるという説があり、「炭水化物抜きダイエット」として盛んに実践されているダイエット法です。

そして、食事の摂取量・頻度を制限するといった方法では、下記の通りとなっています。

・一回の摂取量を減少させる

消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまいますが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならないというものです。

・一回の摂取量を増加させる

相撲の力士は、一回の食事量を増加させて食事の頻度を減少させるといわれています。頻度を減らすことにより一時的な飢餓状態になることで栄養吸収率が上がるため、同じ総カロリー数であれば太りやすいと考えられています。(一回の食事量を極度に増やすことにより次第に他の二回のの食事量が減少して結果的に摂取カロリーが減るという説も。)

次のページからは、もう少し詳しくダイエットの詳細の内容までを取り上げていきたいと思っています。

注目サイト